「レイク」と「プロミス」を比較する

「レイク」は消費者金融と思っている人もいますが、「レイク」は新生銀行カードローン「レイク」として事業を行っています。「レイク」と「プロミス」どちらも即日融資が可能で、金利や融資限度額を見てもそれほど違いは無いようですが、やはり銀行カードローンと消費者金融の大きな違いがあります。

 

レイクとプロミスどちらに人気が有る?

人気のある大手消費者金融と言えば、プロミスとレイクと言いたいところですが、レイクは銀行ローンになります。消費者金融と、銀行ローンですが、キャッシング会社として人気のプロミスと、レイクの違いをスペックで見てみましょう。

レイク プロミス
金利 4.5%~18.0% 4.5%~17.8%
融資限度額 500万円まで 500万円まで

「レイク」は年利4.5%~18.0%、融資限度額は500万円まで、「プロミス」は年利4.5%~17.8%、融資限度額は500万円までと、金利はプロミスの方が0.2%とわずかですが、安い金利で借りられるところが魅力です。融資限度額は、2社とも500万円までなので、どちらも同じです。

2社のスペックは、よく似ているのですが、決定的な違いは、総量規制が原因で、申込可能条件に大きな違いがあります。「レイク」は無職の専業主でも申込が出来るのに対して、「プロミス」は同じ主婦でもパートもしくはアルバイトで収入を得ている兼業主婦が対象になり、無職の専業主婦は利用できないという事です。

 

総量規制による制限

「プロミス」は消費者金融なのでそうりょうきせいの対象になります。総量規制の対象になるという事は、融資を受ける人は年収が必要で、なおかつ融資限度額は年収の3分の1以内という制限が有ります。一方「レイク」は銀行カードローンなので総量規制の対象外になるので、融資は「レイク」の審査に通れば年収のない専業主婦でも融資が出来ます。

また融資は年収の3分の1以内という制限がないので、「レイク」の審査に通ればいくらでも貸付が出来ます。「プロミスでは融資してもらえなかったけど、レイクなら融資してもらえた」という口コミを見る事があります。

それぞれの審査基準は、会社によって違うので、一概には言えませんが、「プロミス」は貸金業法の規制よる影響が強いため、「レイク」と比べると申込条件が厳しいと言えます。