他社借入が有っても大丈夫?

では、他社で借り入れがあった場合もレイクの審査は通りやすいのでしょうか?実は、総量対象外だからと言ってレイクの審査に通りやすいわけではないのです。総量規制の対象外といっても、レイクも独自の審査基準を持っています。その為、その基準がクリアできていなければ審査落ちしてしまう可能性があります。

新生銀行カードローン「レイク」は銀行カードローンとして比較的審査に通りやすいと言われています。特に銀行カードローンの場合は他社借入が有れば審査に通りにくいと言われていますが、「レイク」どうでしょう。

 

レイクの審査基準

「レイク」の借入審査を通過するためには、安定した収入があるという事が重要ポイントになります。なので、アルバイトやパートをしている主婦の方や派遣社員の方は、「審査に通過しないのでは?」と不安なる方もおられます。ただ、安定した収入というのは、正社員が毎月もらう給与に限った事ではなく、主婦でも学生でも、パートやアルバイトをして、安定した収入があれば、審査に通る可能性は高いのでしんぱいするひつようはありません。

ただし、融資の限度額は年収に応じて設定されるので、人によっていくらまで借りれるかというのは異なってきます。ただし、安定した収入があるからと言って、仕事をコロコロ変えていたり、今の職場は勤務して1,2カ月しかたっていない、という場合は審査が不利になるケースもありますので申込をするタイミングが重要です。

次に、審査では信用情報機関に問い合わせをかけて、個人情報に記載されている他社の借入れ状況を確認されます。他社から借入れがあると、審査に通らないのかというと、必ずしもそうではありません。他社で借入が有ったとしても、これまで遅延や延滞がないというような返済状況の場合はむしろ信用度が高くなります。もし、遅延や延滞があると審査に通るのが厳しくなります。

また、借入金額がいくらかというのも審査の際に見られています。総量規制の対象外であっても、他社でいくら借りているかは、限度額を決める際に重要ポイントになるので、既に他社で借入れがある方は、少しでもローンの残高を減らしてから「レイク」に申込する事をおすすめします。